グラフゼロ /graphzero

2004年国産ジーンズ発祥の地でビンテージの町、児島に誕生したgraphzero(グラフゼロ)

生地、縫製、加工、染色の分野において、世界に誇る技術があるこの町で作品を生み
出す為に、プロフェッショナルが団結し創り出された集団である。
今日、情報技術が発達していくなか、この日本の洗練された技術を世界に発信する
空間であり、クリエイター=パイオニア(新しい物事を始める、追い続ける)という
精神の下、日々探究している。

『graphzero』というブランド名の由来は、繊維において、綿花・染料・薬剤・発想など、
『本当の0地点』から創り出していくという意味合いである。
本ブランドのパッチ部分は、革ではなく、これから描かれるものとして油絵のキャンバ
スを使用している。 またブランドロゴには相良刺繍が施されており、『0』は工業用
ミシンの下糸ボビンの原寸大である。 これから『世界を描く』ブランドを発信していく。

メイン商品となるジーンズは“16.5オンスの生地”を使用。
昔ながらのシャトル織機(力織機)で織り上げたもの。生地には縮みやよじれの
防止加工をせず、毛焼きで毛羽立ちを除くこともしていない、織りたての
「生機」(きばた)の状態で裁断・縫製。
生機はよじれが生じやすいですが、防縮加工を施していないために伸縮性に優れ、はきこむほどに体にフィットしていくのが特徴です。
またヴィンテージものの「ユニオンスペシャル」(アメリカ製の1台数百万の高級ミシン)を用いて縫製。このように、本物のヴィンテージジーンズを再現するため、ジーンズが生まれた当時と同じ制作方法を踏襲しています。
何点でも同梱発送OKです!
0